クリニック紹介

クリニックの理念

動物にも飼い主様にも思いやりのある質の高い動物医療を 「プロフェッショナル」「思いやり」「誠実」

誠実

日々、動物の困りごとに真摯に向き合い、自分の子であればして欲しいことを行い、自分の子にして欲しくないことをしないことを徹底します。

思いやり

動物を中心として、家族である飼い主様、関わるパートナーへ思いやりをもち日々の診療を行います。

プロフェッショナル

動物の困りごとを解決するため、日々必要な知識を身につけ、改善に努め、行動に移していきます。

院長あいさつ

柏原どうぶつクリニック 院長

永見 典子

当たり前のことなのですが、患者様にとって、飼い主様にとって、どうしてあげるのが一番良いのか、常に考え診察しています。

そのためにはどういう状態であるのかを、まずしっかり把握する事が大事なので、飼い主様のお話を伺いながら、診察を進めていきます。
また、必要な検査を選び、飼い主様に了承を得た上で実施し、総合的に判断し、飼い主様の意向も伺いながら治療を進めていきます。

今後もより適切な満足のいく診療が行えるよう、努力して参りますので、どうかよろしくお願いいたします。
必要であれば、高度医療機関への紹介もさせていただいております。

経歴

昭和49年4月
北里大学畜産学部獣医学科 入学
昭和53年3月
北里大学畜産学部獣医学科 卒業
昭和53年4月~1年間
中山獣医科医院 勤務
平成7年4月~
柏原獣医科医院 勤務

スタッフ紹介

獣医師

柏原どうぶつクリニック 副院長

仁藤 稔久

小さいころから院長である母親の背中を見て育ち、子どもの頃からいろいろな動物とふれあい自然と獣医師を目指すようになりました。

獣医師になってからは全般的な獣医療の経験を積み、現在、眼科専門病院(どうぶつ眼科専門クリニック)で勤務を兼任し、日々専門的な知識、技術を磨いています。

経歴

平成19年
酪農学園大学 獣医学部 入学
平成25年
酪農学園大学 獣医学部 卒業
平成25年~28年
あおぞら動物医療センター 勤務
平成29年
どうぶつ眼科専門クリニック 勤務、柏原獣医科 勤務医 兼任

所属学会

  • 比較眼科学会
  • LIME研究会(Lid and Meibomian Gland Working Group)

学会発表

2017年 第37回比較眼科年次大会
  • 角膜保護治療に反応しない薬剤起因性角膜障害(DICD)が疑われた2例(発表)
  • 涙液層破壊時間を治療判定に用いた犬の2例(共同)
2018年 第38回比較眼科年次大会
  • イヌの虹彩上皮に発生したコレステロール肉芽腫の1例(発表)
2019年 第39回比較眼科年次大会
  • イヌにおけるBUTとマイボスコア、マイバム性状、圧出量および圧出性の相関性(発表)
2019年 第31回比較眼科症例検討会
  • 眼球摘出後の漿液貯留に対して1%ポリドカノール液状硬化療法を行った犬の1例(共同)
2020年 臨床部会学術講習会 症例検討会
  • 海綿静脈洞症候群による動眼神経麻痺を認めた犬の1例(共同)

執筆

2017年 獣医眼科プラクティス(ファームプレス)
  • 眼科専門病院における動物看護師の役割
2018年 CAP(緑書房)
  • 急性緑内障の診断から救急対応まで
2020年 VETERINARY BOARD(エデュワードプレス)
  • Vet Borard QUIZ
  • 文献報告(猫の細菌性角膜炎:臨床徴候、菌分離およびin virtoにおける抗菌薬感受性パターン)
2020年 犬の内科診療 part2(緑書房)
  • 第6章 眼科疾患 1.乾性角結膜炎
2022年 as
  • 犬と猫の臨床診療ガイド:眼が白い「黒目が白くなっている」~白内障に対する動物看護~

是枝 幸太郎

言葉を話せない動物の飼い主として、自分自身も悩むことや不安になることがたくさんあります。
大切な家族である動物たちの幸せを一緒に考えていきましょう。

経歴

平成22年
帯広畜産大学 畜産学部 獣医学課程 入学
平成28年
帯広畜産大学 畜産学部 獣医学課程 卒業
平成28年~30年4月
大阪府内動物病院 勤務
平成30年6月
柏原獣医科勤務

所属学会

  • 日本獣医循環器学会

動物看護士

  • 八木 友里

    動物たちや飼い主様にも安心・信頼していただけるような対応を心がけております。
    獣医師と飼い主様の架け橋になれればと思いますので気兼ねなくお声掛けください。

    執筆
    2022年 as
    犬と猫の臨床診療ガイド:眼が白い「黒目が白くなっている」~白内障に対する動物看護~
  • 溝口 夢乃

    少しでも飼い主様や動物たちの助けになれるよう、思いやりのある看護を心がけ頑張りますので、よろしくお願いいたします。

  • 馬谷 春華

    まだまだ至らない点も多々ありますが、その子その子にあった看護を行うことができるよう日々勉強し、人よりも早く歳をとる動物たちとの大切な時間を健やかに過ごせるためのお手伝いができるよう、そして飼い主様と動物、獣医師とを繋ぐパイプ役になれるよう日々精進して参りますのでよろしくお願いいたします。

トリマー

  • 近沢 志純

    高齢のワンちゃんや皮膚のトラブル・持病で悩んでいる子たちを綺麗にして、少しでも生活しやすいようにお手伝いします。
    できるだけストレスがないようにその子の性格を考え、飼い主様とワンちゃん双方に喜んでもらえるようなトリミングを心がけています。

  • 池田 綾香

    その子に合わせた、なるべく負担のない安心で安全なトリミングを心がけています。
    飼い主様とワンちゃんが満足して喜んでいただけますように一生懸命勤めていきます。

受付

  • 山角 育代

    御来院された方には、まずお話をお伺いし、診察ができるだけスムーズに進むようにと心がけています。
    よろしくお願いいたします。

各種ご案内
ページトップへ